渡し方

名刺交換は社会のマナーの基本です。大事な顧客や取引き先に失礼の無いよう、しっかりとした振る舞いを行いましょう。

名刺交換は立ち上がって行うのが最低限のマナーです。たとえ一度着席した後であっても、相手に名刺を渡す際はきちんと立ち上がってください。ただし先方が座ったまま名刺を差し出した場合は、着席したまま名刺を受け取り、こちらからも着席したまま差し出しましょう。

基本的には、名刺交換は挨拶と同じく、目下のものから先に名刺を渡します。また、仕事関係の訪問先では、訪問者から先に名刺を渡すことも大切です。目上の人物に対する場合は名刺を渡すタイミングをしっかりと意識した上で挨拶に臨みましょう。

名刺を渡すときには名刺の表裏、上下にも気をつける必要があります。名前や役職が記載されている側を表として、相手の側から見て普通に読めるようにして(こちらから見て逆向きにして)渡します。さらに右手で名刺を軽く持ちながら、左手を添えるようにして差し出すと丁寧な印象を与えることができるでしょう。その際、「〜社の〜と申します」という簡単な自己紹介も忘れないようにしてください。

相手に自分のことを印象付けたいのであれば、写真入の名刺や、簡単なプロフィールなどが記載されている名刺を使うと効果的です。名刺に載せていた趣味や出身校などをきっかけとして、話に花が咲く、そんな例もあるようです。自分なりに何か一工夫されてみてはいかがでしょうか。