受け取り方

時として、名刺交換は渡し方ばかりでなく、受け取り方次第でも相手に与える印象が違ってきます。好印象を持ってもらうために、できるだけ丁寧な受け取り方について配慮してみてください。

受け方の基本姿勢としては、左手で受け取り右手を沿える形が一般的です。その際、相手の名前に指がかかると失礼に当たるので、名刺の端側を持つように気をつけてください。そして名刺を受け取りながら、一言、「頂戴いたします」、もしくは、「頂きます」など、必ずお礼を言うようにしてください。

名前の読み方や社名、部署、役職など、分からない点があれば名刺をもらってすぐに尋ねておきましょう。相手が目上の人物の場合は失礼になるのではないか、と心配される方もいると思いますが、この機会に聞いておかないと聞き出すタイミングが難しく、後程ニアミスによって失礼な振る舞い(名前の読み間違えなど)をしてしまう恐れがあります。

珍しい名前の人物から名刺をもらった場合などには、そのことをきっかけとして話の糸口を見つけていく、そんな方法も有効です。

名刺交換を行った後、相手の名刺をテーブルに乗せたまま話が進行していく場合もあります。先方の名前を覚えたら、タイミングを見ながらできるだけ早く名刺入れにしまうようにしてください。ポケットに入れても構いませんが、相手によっては不快な印象を与えてしまうこともあるようです。相手が複数いる場合には、テーブルに順に並べておき、機を見て同時に名刺入れに入れましょう。

その他、名刺を見て興味を持った点があれば遠慮せずに尋ねてみましょう。初対面では、会話のネタに困るケースもあります。名刺を談笑のきっかけを作るツールとして、有効に利用してください。