交換のマナー

仕事の出来る人は名刺交換が上手い人だとよく言われます。つまり、名刺交換のマナーがきちんとしている人はそれだけ信頼されて、自然と仕事が増えるわけです。たかが名刺交換、されど名刺交換。名刺交換のマナーについて少し勉強してみましょう。

相手に対面してあわてて名刺を準備するようでは印象が良くありません。名刺入れをあらかじめ手元に準備しておき、すぐに名刺を取り出せるようにしておきましょう。目下のもの、あるいは訪問者から近づいて先に名刺を手渡します。

名刺は必ず両手で受け取り、両手で渡すようにしてください。着席している場合は立ち上がることも必要です。また、手渡す際には社名・部署名・フルネームは口頭で説明しましょう。相手側が目上の人物や取引先である場合は、相手が差し出した名刺よりも低い位置でこちらの名刺を差し出すことにより、謙虚さを示すことをおすすめします。

時々、同じタイミングで双方が同時に名刺を差し出すことがあります。そんな場合は互い右手で差出し、左手で受け取ってください。相手の名刺を受け取ったら、「頂戴いたします」と一言口にするのを忘れないようにしましょう。

それから軽く名刺に目を通して、相手の名前や企業名で読めない漢字等があれば質問しておきます。「珍しいお名前ですね」と一言口にするだけで、場の雰囲気が和むこともよくあります。相手の受け答えに応じて、どんどん話のきっかけを探っていきましょう。名刺をコミュニケーションの第一歩としてしっかり意識すれば、初対面の人間同士でも無理なく会話を進めることができるはずです。