色の関係

少し前までは、名刺といえば白が当たり前でした。しかし名刺の個性化が進む中で、様々なカラーの名刺がごく当たり前に用いられるようになってきています。相手に自分のことを印象付けたいのであれば、職業や役職に応じて名刺の色をコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

例えば最近では、ブルーの名刺が流行しています。色彩学的にみると、青は落ち着いたイメージ、「信頼感」や「清潔」な印象を想起させる色です。保険業界や営業関係のお仕事に携わるビジネスマンにおすすめです。

知的なイメージを感じさせる紺色は、コンサルタント業務、法律関係の従事者に人気があります。スーツやブレザーに使われる色でもあるので、公的なイメージを強調することもできます。

きわめて印象の強い赤い名刺は、フリーのライターや自営業のビジネスマンに幅広く利用されています。とにかく相手に自分のことを覚えてもらいたい、または、活動的、情熱的なイメージを持ってもらいたい、そんな方におすすめです。

女性の方にはピンクやパープルの名刺が人気です。飲食業を始め、看護士、デザイン関係のお仕事によくマッチする色といえます。「癒し」のイメージや、おしゃれな印象を持ってもらいたい、そんな方に好んで利用されています。

とにかく明るい印象を持ってもらいたい、そんな方には黄色の名刺がおすすめです。芸能関係を始め、幼稚園の先生や美容関係者など、幅広い分野の人々に人気があります。

今は名刺も個性の時代。ぜひ、あなたの性格、あなたの業種に合った名刺の色を探してみましょう。