作成のポイント

名刺は上手く利用すれば、営業活動の最大の武器になる貴重なアイテムです。「意味のある」名刺交換を行うためにも、見た目にも分かりやすく、機能性に優れた名刺作成を心掛けましょう。

営業活動の最大のポイントは、自分の名前、スキル、所属部署、企業名などを覚えてもらい、「こんな仕事はお任せください」とアピールすることにあります。しかし一方で、あるアンケートによると世の中に出回っている名刺の約半数には営業内容が記載されていないそうです。

つまり、せっかく名前を覚えてもらっても、「あの人は何の仕事に就いている人だったかなぁ?」という風に曖昧に記憶されている場合が少なくないのです。名刺の小さなスペースを最大限に活用して、依頼して欲しい仕事、従事している作業、得意なスキル(特にフリーランスの場合)を忘れずに記載しましょう。

とはいえ、欲張って業務内容をごちゃごちゃ羅列するのは考え物です。併せてWEBサイトのアドレスなども記載し、詳細についてはそちらで確認出来るように配慮しておきましょう。

せっかく名刺を配るのであれば、名前と一緒に顔も覚えてもらいましょう。顔写真入りの名刺を作成すれば、印象に残りやすいですし、仮に忘れられても名刺を見て簡単に思い出してもらえるはずです。ただし、使用する写真はセルフの撮影機などで撮るのではなく、きちんと写真屋さんにいって撮影してもらいます。写真の出来不出来がその人物の印象を大きく左右しないとも限らないからです。

手の込んだ名刺、工夫されている名刺は自然と受け取り手の印象に残るものです。名刺をビジネスの最大の利器として、上手く活用していきましょう。