交換時の注意点

名刺交換は挨拶の基本でもあります。スマートに一連の動作を行うためには若干の経験が必要ですが、最低限のマナーには気をつけて失礼のないようにしましょう。

例えば、角の折れている名刺や汚れている名刺などはNGです。古くなると変色してしまうこともあるので、名刺入れの中には常に新しい名刺をストックしておきましょう。もったいない気もしますが、古くなった名刺は迷わずに廃棄してください。

名刺は必ず名刺入れから出してください。名刺交換の習慣に馴染むまでは、うっかり財布やポケットから名刺を出してしまいがちです。名刺入れ以外の場所から名刺を取り出すと、どうしても誠意が伝わりませんし、良くない印象を与えてしまいます。また、名刺入れについても名刺と同じく、古くなったもの、汚れたものは使わないようにしてください。少し早いかな、そのくらいが買い替え時です。

先方からもらった名刺は必ず両手で受け取ります。受け取った後も、その名刺をプラプラと片手で軽々しく扱ったりしないように注意してください。もらった名刺を机の上に置いたまま歓談することはよくありますが、稀にそのまま忘れて帰ってしまうビジネスマンもいます。名刺交換のマナー上、これは最悪の行為ですから十分に注意しましょう。もらった名刺についてはなるべく早いタイミングで財布やポケットの中に入れるようにしてください。

名刺を丁寧に扱うコツとして、新入社員はよく「渡された名刺を現金だと思え」と教育されます。実際、名刺は数多くの仕事や人間関係を運んできますから、お金とそう変わらない貴重品です。名刺に対する心構えを、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。